武漢日本人村のブログ/WUHAN

“才饮长沙水,又食武昌鱼”。ぱっと見劣悪、でも住めば都の武漢市を好きになってもらえるブログにしていこうと思います

武漢日本人村のブログ/WUHAN イメージ画像

荒尾精

まずは状況の整理から。荒尾精が湖北省・武漢市で発展させた漢口楽善堂。この漢口楽善堂は明治期に荒尾精が岸田吟香の援助で運営し、荒尾の中国大陸調査活動の拠点となった。以下の引用は全てWikipediaから。(https://ja.wikipedia.org/wiki/漢口楽善堂)【漢口楽善堂の沿革

毎日新聞「オピニオン」欄に掲載された保坂正康氏の「明治人・荒尾 精の教え」。『対清弁妄』(村上武解説)を読んだ上で、現代において反戦主義者として評価されている勝海舟などと比較して、荒尾精は更に上を行っていたと述べている。この書によれば、「日清戦争に勝利した
『【荒尾精】『対清弁妄』に関する毎日新聞コラム』の画像

岸田吟香も発足時から関わった興亜会。Wikipediaを見ていたら面白い記述を発見。参照:https://ja.wikipedia.org/wiki/興亜会江華島事件をきっかけにして朝鮮の開化派リーダーの動きが活発となり、当時顧問的な役割を務めていた福澤諭吉の下を訪れた兪吉濬、金玉均、朴泳孝、

動画が開かない場合はリンクから直接ご覧ください。→《张召忠说》第29期 日本间谍 荒尾精【講師紹介】张召忠中国軍通訳、国防大学講師、中国中央テレビ特別評論家などを経て現在は軍事評論家として活躍。英語だけでなくアラビア語、日本語にも堪能。 【内容紹介】00:00-03:5

国立国会図書館デジタルライブラリーで見つけた『清国通商綜覧』(リンクは「荒尾精の本名は荒尾義行」)目次を見ただけでも興奮するような内容。 ボリュームも立派なもので、全3巻。各巻700ページ前後の大作。これを教科書に日清貿易研究所で講義が行われていたのかと思う
『『清国通商綜覧・第2編』の目次』の画像

嶋田さんが研究している「武漢に来た日本人」。その中でも私にとっては特に興味深いのは荒尾精。嶋田さんは他にも興味のある人物が多すぎて、荒尾精だけに力を注げない状況なので、この研究は私の方でもう少し掘り下げることにした。荒尾精は一般的にはアジア主義者と言われ

↑このページのトップヘ