武漢日本人村のブログ/WUHAN

“才饮长沙水,又食武昌鱼”。ぱっと見劣悪、でも住めば都の武漢市を好きになってもらえるブログにしていこうと思います

武漢日本人村のブログ/WUHAN イメージ画像

武漢の話題

今日の武漢の天気は最高気温21度。大阪より暖かい。桜も咲きますね。嶋田さんは武漢帰国後、ようやく再びの中国生活にも慣れてきました。この日は弟子の周さんが武漢に遊びに来たので武漢大学の桜を一緒に見に行きました。幸せな老人生活を送っております。
『3月26日現在、武漢ではサクラが咲いているようです』の画像

荊州在住の大分県出身のF氏。蘭の栽培ビジネスを企てるも、そう簡単ではないと感じたのか、今度はカレー屋で武漢進出を企てる。嶋田さんの頂屋カレーと競合になるのではという心配をよそに、積極的に武漢を案内してあげる嶋田さん。武漢にその地位を確立した頂屋カレーにとっ

1.事の発端武漢の隣町の荊州にF氏という人がいる。年齢は70前後。現在は実家の大分県と荊州を行ったり来たり。荊州では嶋田さんと同じくカレー屋を経営している。このF氏は荊州に3店舗ほどのカレー屋を経営している。しかし、その中の1つがこの年末に閉店することになりまし
『嶋田さんのお友達・F氏が蘭の販売ビジネスを企てる』の画像

2018.10.19~10.26の武漢旅行中に撮影した写真を本にしました。書籍タイトルは『写真で見る「中国・武漢市の日本人カレー店の2018年」』。使ったツールは「Amazon comic creator」。制作に要した時間は6時間。日本で最も売れなかった本の1冊にランクインされることになるでし
『2018年10月武漢の旅が写真集になりました』の画像

遅くなりましたが2018年中国武漢カレー会議の報告です。今年も相変わらず何もありませんでした。本来の最重要事項であった、中国残留邦人の細田さんとの面談は延期になってしまいました。原因は、ご本人である細田さんが求められていた資料を準備できず、嶋田さんの逆鱗に触
『中国武漢カレー会議報告 その①』の画像

店長のタンゴさんに頼まれたスープ類と、嶋田さん依頼の『日本軍のインテリジェンス活動』という8,000円の高級専門書等を発送。航空便で送料は4,700円。

前回の記事「嶋田さん、大澤屋の店長にゼリー製作の指令を出す」 上が完成したゼリー。まだオレンジ味のみ。抹茶味やコーラ味を作って欲しい。10月19日からの武漢カレー会議にて試食予定。
『大澤屋のゼリー完成』の画像

Googleマップのストリートビューと同じ機能です。操作がより簡単な気がします。私が中国で昔住んでいたマンションや、よく行った食堂、頂屋カレーや大澤屋などを見ることができます。まずはブラウザで百度地図を開きます。詳しい使い方はコチラ→百度地図の遊び方↑ 影に隠
『百度地図がすごい!自宅に居ながら武漢を旅する』の画像

武漢の空港に到着した後、まずはホテルに向かうことになるが、交通手段に迷うところである。武漢の場合は選択肢は3つ。バス、タクシー、地下鉄である。 空港バスはとりあえずパス。中国語がわからないとどこで降りたらいいのかも判りにくく、降りた後、またタクシーに乗らな
『天河国際空港(武漢国際空港)から地下鉄で市内に行こう』の画像

↑このページのトップヘ