武漢日本人村のブログ/WUHAN

“才饮长沙水,又食武昌鱼”。ぱっと見劣悪、でも住めば都の武漢市を好きになってもらえるブログにしていこうと思います

武漢日本人村のブログ/WUHAN イメージ画像

日記

ブックオフでファッション関係の雑誌類を購入。ついでにるるぶなどの旅関係の雑誌も準備。やたら重い。これを航空便で送ると費用が高額になるので、急遽嶋田さんに連絡。5箱目も船便で送ることに。文庫類の1箱はそのまま航空便で。それでも16,600円。最近はずいぶんと郵便局
『文化交流センター用書籍5箱目、6箱目を発送』の画像

文化センターの呉さんを通して、嶋田さんより指令が届く。スカイプなどの連絡手段がない嶋田さんとのやり取りは、スタッフを通した伝言ゲームのようになる場合が多い。そして、上のようなメモ書きのお願いが、スタッフからの写メールで届くこともある。戦時中に軍曹から指令
『文化交流センター用書籍3箱目、4箱目を発送』の画像

日中文化センター用の書籍、別の言い方をすると、頂屋カレー横の無料漫画喫茶用のマンガを発送しました。今回もなぜか航空便(SAL便)。怖いものなしの嶋田さんもなぜか税関が苦手らしい。アダルト小説でも持ち込もうとして捕まったことでもあるのでしょうか。本日2018年1月27
『文化交流センター用書籍2箱目発送』の画像

僕は伝票に自分や相手の住所を書くのが苦手です。乱れた字を書くと、それだけで頭が悪そうに見られそうで、別に賢く見られたいわけではないのですが、汚い字を読まされる方も迷惑だと思うので、伝票などは基本的にラベル印字サービスを利用しています。クロネコヤマトやクリ
『便利な航空便・SAL便・船便のラベル印字サービス』の画像

今では武漢の主となった嶋田さんが設立予定の日中文化センター向けにマンガを発送することになりました。今回は第1回目の発送で、美味しんぼ(1-70巻)、段ボールで1箱、16.14kg。かなり重くなりましたが、いったい送料はいくらになるのでしょうか。発送方法の選択肢は4種類
『日中文化センター向け漫画の1箱目発送』の画像

東京生まれ、大阪在住。本業はコンピューター関係です。中国生活は8年ですが、特に目立った功績もなく帰国。28歳だった私は、帰国したら36歳。青春を武漢に捧げてしまいました。趣味は海外旅行と写真撮影。アジアの生活を見るのが好きなので、観光地に行くと言うよりは、毎回
『ブログ管理人の自己紹介』の画像

↑このページのトップヘ