IMG_D1B2979D7425-1

人口と人種の項目が興味深い。  ここでいう国は清国であり、大清帝国(だいしんていこく)、または清(しん)ともいう。1616年に満洲において建国され、1644年から1912年まで中国とモンゴルを支配した最後の統一王朝。満洲族の征服王朝。清国の人種は、やはり満州族が中心に描かれているのでしょう。現代の漢民族(現代では漢民族は中国人の92%を占める)についてはどのような表現がなされているのでしょうか

IMG_B9A70DC701F8-1
 
江河につい手とあるが、当時の江河は運河としての意味合いが強いと思われる。明治25年は1892年。今から127年前の物流が垣間見られるかもしれない。

また、行政区分に関しては本書では18省2特別行政区の合わせて20個が記載されている。現代中国では23省・5自治区・4直轄市・2特別行政区に分けられ、計34に分けられるのでその違いを検討してみるのも面白い。

IMG_A6C1C1864906-1
 
本書では25の港湾と香港が記載されている。それぞれの港の規模と主要な取り扱い物資などについての記載があるのだろう。当時の日本の港についての研究もしたことがないので比較はできないが、それなりの知識がある人が見たら面白い資料なのだろう。