武漢の空港に到着した後、まずはホテルに向かうことになるが、交通手段に迷うところである。武漢の場合は選択肢は3つ。バス、タクシー、地下鉄である。

空港バスはとりあえずパス。中国語がわからないとどこで降りたらいいのかも判りにくく、降りた後、またタクシーに乗らなくてはいけない。 空港バスの停車駅では白タクの客引きが激しく、更に質の悪いタクシーに乗ることになる。あまりお勧めしない。

タクシーの場合。まずまずオススメ。私の場合は、空港から比較的近い漢口地区にホテルを取ることが多いのでタクシー利用が多い。150元(2500円)くらいでホテルまで行ってくれる。武昌地区の場合はもう少し高くなる。荷物が多い場合などはタクシーがいいだろう。最近はタクシー運転手も人間らしくなってきて、普通にコミュニケーションが取れるようになってきた。昔は標準語を話す運転手が少なく何を言っているのかわからなかった。私の中国語が下手なのか、運転手の標準語が下手なのか。いずれにせよ、今はドライバーの質も上がって来ているので、ホテルの住所を紙に書いて渡せばちゃんと行ってくれる。

今回は特に地下鉄をオススメしたい。例えば、頂屋カレー店がある武昌地区の街道口や広埠屯の駅までなら6元(100円程度)である。2号線に乗って乗り換えもない。所要時間は1時間11分。

ホテルの位置にもよるが、事前にグーグルマップなどで最寄り駅を調べておいて、最寄り駅で地下鉄を降りた後はタクシーで行けばいいだろう。空港からタクシーでいくよりは格段に安い。いくらお金があっても、無駄使いはしない方がいい。地下鉄のチケットを買うのは面倒なので、地下鉄駅で交通カードを買って、100元程度をチャージしておくと良い。

Screenshot_20180822-161459

いずれにせよ大切なのは事前の準備。AGODAなどでホテルを予約し、住所から場所をグーグルマップで確認。最寄り駅を把握しておく。タクシー運転手に見せるホテルの名前、地図をプリントアウトしておくなど。