武漢・カレー店の出店仲間募集中!武漢の頂屋カレー・オーナー嶋田さんの無料出店コンサル受付中。嶋田さんにとってカレー店はただの娯楽。ライバルが増えようが、売上が下がろうが関係ありません。武漢で活躍する日本人が増えればそれで嬉しい。そんな嶋田さんから送られてくる出店・開店に関するノウハウを順次公開していきます。

旧本店武漢大学支店
武漢大学支店の店舗買取金は3.5万元で高額だったが、これは内装工事済みで売りに出された理由による。内装工事費を3万元と概算すると、実際の買取金は5000元である。内装工事に0.5万元を計上しているのは追加の内装工事費用である。

新本店大沢屋
新本店の場合は、新築ビルの一角を借りたので店舗買取金は不要だった。 以上4店舗の開店経験から、モデルケースとしての必要経費を下記に示す。

モデルケース
予備費用として3万元を加え、18万元(=288万円)を開業資金として準備すれば十分である。